中央競馬:ニュース中央競馬

2016.4.8 05:02

菜七子が馬名に!根本厩舎に入厩予定「プリンセスナナコ」

どしゃ降りの中、藤田菜七子騎手は精力的に調教に騎乗。土日は合計16頭に騎乗する(撮影・塩浦孝明)

どしゃ降りの中、藤田菜七子騎手は精力的に調教に騎乗。土日は合計16頭に騎乗する(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 ナナコが馬名になった!? サラブレッドクラブライオンの2歳募集馬で美浦・根本康広厩舎に入厩予定の『クールレディの14』(牝、父メイショウボーラー)が、プリンセスナナコという名前で競走馬登録されることが7日、分かった。

 根本調教師は「菜七子に合わせて名前をつけてもらえるのは、本当にありがたいこと。一緒に成長して、先々は重賞を勝てるぐらいの馬になってくれれば」とコメント。藤田菜七子騎手は「自分の名前をつけてもらえて、応援していただけるのは本当にうれしい限りです。この馬と一緒に活躍したいし、早くまたがってみたい。乗れる日を楽しみにしています」と話した。

 同馬は1口3万5000円で総額700万円(200口)。現在も出資する会員を募集している。

 菜七子は週末、土曜が中山で自己最多となる9鞍、日曜は初参戦の福島で7鞍に騎乗する。「たくさん乗せていただいてありがたいです」と声が弾んだ。

 また、26日に中山競馬場で行われる「ブリーズアップセール」で、セリ前に行われる騎乗供覧にも参加する予定だ。