中央競馬:ニュース中央競馬

2016.4.7 05:06

【桜花賞】レッドアヴァンセ、迫力十分2馬身先着!

 チューリップ賞8着のレッドアヴァンセは、武豊騎手を背にデルマオギン(3歳500万下)とハードな併せ馬を行い、迫力十分に2馬身先着。時計も4ハロン51秒8-12秒1と優秀で、先週(4ハロン54秒4)とは一転して攻めを強化してきた。

 武豊騎手は「陣営からも『やっていい』との指示。(前走時14キロ減の)体は戻っているし、やれば動く馬だからね」と納得。「ゲートが上手な馬ではないので(末脚を生かす)展開待ちになるが、持っているモノはいいから」と続けた。

★桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら