中央競馬:ニュース中央競馬

2016.3.22 13:11

菜七子 24日の浦和は7鞍 女性調教師の管理馬も

 中央競馬16年ぶりの女性ジョッキー藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本康広厩舎=は、24日の浦和競馬で計7鞍に騎乗することが確定した。2Rのケイティーハヤブサに始まり、6Rの中央交流競走ツインエース特別(ウインアンビション)などを経て、7鞍目のメーン11Rティアラカップでは、サンデーレーシング地方競馬オーナーズ所有のヒットザトレイルに騎乗する。52キロという軽量に乗れる利点から、菜七子の白羽の矢が立った。格上挑戦の形になるが、実績馬とは2~4キロの斤量差があり、上位争いの期待がかかる。

 また、7Rでは、元騎手である女性トレーナー平山真希調教師が管理するアナログガールに騎乗。女性調教師の管理馬に騎乗するのは初めてで、“ガールズタッグ”の結果にも注目が集まりそうだ。