中央競馬:ニュース中央競馬

2016.3.15 21:09

菜七子は高知6戦で3着が最高 初Vはおあずけ

共同記者会見で握手する藤田菜七子騎手(右)と別府真衣騎手(左)

共同記者会見で握手する藤田菜七子騎手(右)と別府真衣騎手(左)【拡大】

 今年3月にデビューしたJRAで16年ぶりの女性ジョッキー・藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本康広厩舎=は、15日の高知競馬で6鞍に騎乗したものの、未勝利に終わった。

 初めてのナイター騎乗となったこの日は1レースから参戦。交流重賞の黒船賞が行われることもあり、開門前から約600人が行列を作るなど高知競馬場は異様な雰囲気に包まれた。有料入場人員は主催者の見込みを上回る2660人におよび、早い時間からパドックには熱心なファンが陣取っていた。

 1Rは6着に終わったものの、2Rでは女性ジョッキーの第一人者である別府真衣騎手(28)と初めて対戦して先着を果たす3着に好走。続く3Rではデビュー以来初めて1番人気に推され、かつて交流重賞を制したこともあるメトロノースと果敢に逃げる競馬を見せたが、最後に失速して3着となった。その後も4Rで9着、8Rで4着、12Rで6着に終わり、初勝利はおあずけとなっている。

 菜七子は「3レースは本当にいい馬に乗せていただいたのに勝つことができなくて悔しいです」と1番人気に応えられなかったことへの悔しさをあらわにした一方で、初めての女性騎手対決となった別府真衣騎手に対しては「きれいな姿勢で乗りますし、馬へのあたりも柔らかいですし、すごい騎手だと思いました」と先輩女性騎手を改めてリスペクト。対する別府騎手も初々しさが際立つ10歳年下の“後輩”に「キュンキュンしました」と目を細めていた。

 菜七子は今週末の中央競馬では、19日に中京、20、21日に中山で騎乗する予定だ。