中央競馬:ニュース中央競馬

2016.3.3 16:18

藤田菜七子騎手 中央での騎乗は土曜1鞍、日曜2鞍

悔しそうな表情で師匠の根本康広調教師(右)と話す藤田菜七子騎手

悔しそうな表情で師匠の根本康広調教師(右)と話す藤田菜七子騎手【拡大】

 JRAで16年ぶりの女性ジョッキーとして注目を集めている藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本康広厩舎=は、他の新人騎手に先がけて3日の川崎競馬で6鞍に騎乗。騎手としての“デビュー戦”を終えたが、JRAでの初騎乗となる今週末は土日で計3鞍の騎乗が確定した。

 初日となる5日(土)は、2R・3歳未勝利戦(ダート1200メートル)で自厩舎のネイチャーポイント(牡3歳)に騎乗。翌6日(日)は、2R・3歳未勝利戦(ダート1200メートル、牝馬限定)で自厩舎のホシノブーケ(牝3歳)、12R・4歳上1000万下でスワンボート(美浦・大江原哲厩舎、牡6歳)に騎乗する。

 このほかの新人ジョッキーは、菊澤一樹騎手が中山で土日計8鞍、木幡巧也騎手も同じく中山で計8鞍、荻野極騎手が土曜阪神1鞍と日曜小倉3鞍で計4鞍、坂井瑠星騎手が阪神で土日計7鞍、森裕太朗騎手が小倉で土日で計6鞍の騎乗となった。