中央競馬:ニュース中央競馬

2016.3.3 10:42

【本命穴馬】しの「武豊がなんとかするスピネル」(1/2ページ)

弥生賞で始動するエアスピネル。夕刊フジ・しのは鞍上の武豊騎手の手綱さばきに期待する

弥生賞で始動するエアスピネル。夕刊フジ・しのは鞍上の武豊騎手の手綱さばきに期待する【拡大】

★弥生賞

 しの 先週日曜の中山は、入場人員が前年比150%超の大にぎわい。今週も多くのお客さんが競馬場に足を運びそうな好メンバーです。

 漆山 確かに役者はそろってるけど、美浦の弥生賞の取材はお通夜状態で…。

 しの 実績的には仕方ないわね。

 漆山 ドゥラメンテみたいなのが関東から2年連続でそうは出てこないよね。今週は関西馬にお任せかな。

 しの 注目はデビュー2戦目の朝日杯FSを勝って、最優秀2歳牡馬に選ばれたリオンディーズね。

 漆山 のちに菊花賞とジャパンCを勝った兄エピファネイアは、弥生賞で初黒星。でも兄より気性面での課題は少ないから初の遠征は心配なさそう。体型的にも2000メートル以上向きだし、鞍上もミルコで鬼に金棒!

 しの あの勝ちっぷりは気性的に危うい面を秘めているからという気がするけど…。ただしパワーは非凡ね。

 水谷 ミルコも、「この時期の馬でこれほどのパワーを備えた馬に乗るのは初めて」やと。ドゥラよりパワーがあるいうことか?

 漆山 もう1頭の2戦2勝馬マカヒキは、金子真人オーナー(HD)のディープインパクト産駒。ただ、若駒Sのメンバーは次走で全敗と相手に恵まれた印象も。朝日杯1、2着馬の牙城を崩せるかどうか…。

 水谷 でも友道調教師は、「走るときの動きが他の馬と違う。オーナーとローテを相談したら、『一番強いところに当ててほしい』ということだったし、自分もここがいいと思っていた」と自信満々やったで。

 しの 2戦とも京都で上がりの勝負だったから、中山の急坂と消耗戦になったときがどうかってとこですね。

 漆山 エアスピネルは朝日杯FSでリオンに完敗したけど、3着には4馬身差をつけてた。ただ、体型的に2000メートルは少し長いかも。

 しの マイラーっぽい感じはするけど、中山なら武豊騎手がなんとかするんじゃない?

 鉄平 お通夜みたいな美浦でもわずかな望みがありそうなのがイマジンザットだ。斎藤誠調教師が「荒れた時間帯のチップでも気にするくらい」と言うほどの良馬場限定馬。パンパンの馬場なら巻き返しありか。

 しの あとは展開ね。何が逃げそう?

 鉄平 モーゼスの大江原調教師が、「スタートはモッサリ気味。それでも今回もハナにと言うつもり」と。全兄がカレンブラックヒルだし、少々不気味な存在か。

 水谷 ダービーが目標のタイセイサミットは、皐月賞の権利が獲れる3着以内じゃなく、賞金が加算される2着以内を目指すらしいで。これも不気味やろ。

【続きを読む】