中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.29 18:23

【弥生賞】レース展望(3/4ページ)

朝日杯FSで、最後方から直線だけで全馬を差し切る離れ業をやってのけたリオンディーズ。皐月賞を見据えて無傷で突破したい

朝日杯FSで、最後方から直線だけで全馬を差し切る離れ業をやってのけたリオンディーズ。皐月賞を見据えて無傷で突破したい【拡大】

 リオンディーズへの雪辱に燃えるのがエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡)だ。新馬、デイリー杯2歳Sと連勝して臨んだ前走の朝日杯FSは単勝1.5倍の1番人気に支持されたが、相手の豪脚に屈しての2着。それでも着差が3/4馬身なら、成長次第で逆転できない差ではない。

 2月4日の帰厩から調整は順調そのもので、24日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒8、1ハロン12秒0の好時計をマーク。感触を確かめた武豊騎手も「まだ子供っぽい面はあるけど、さすがの走り。いい感じだね」とうなずいた。1600メートルのみしか経験がなく、中山コースも初めてだが、センスの良さと完成度においては一日の長がある。ここを乗り越えればクラシック制覇もグッと近づくだろう。

【続きを読む】