中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.29 18:20

【チューリップ賞】レース展望(2/3ページ)

3歳牝馬戦線の“1強ムード”に待ったをかけたいジュエラー。初戦で1800mを使われているようにマイル以上も問題ない

3歳牝馬戦線の“1強ムード”に待ったをかけたいジュエラー。初戦で1800mを使われているようにマイル以上も問題ない【拡大】

 ディープインパクト産駒も強力な顔ぶれがそろっている。シンハライト(栗東・石坂正厩舎)は新馬、紅梅Sと連勝中。3カ月ぶりの前走はまだ7、8分というデキだっただけに、使われた上積みも大きいに違いない。レースセンスが高い馬で、距離もマイル以上あったほうがいいタイプだ。こちらも兄アダムスピーク、アダムスブリッジ、姉リラヴァティがいずれも早い時期から活躍している。ここを無敗で通過するようだと、西のヒロイン候補として本番を迎えることになるだろう。

 レッドアヴァンセ(栗東・音無秀孝厩舎)も未勝利、エルフィンSを連勝して軌道に乗ってきた。2戦続けて上がり最速をマークしたように、父譲りの瞬発力が武器。4戦して2勝2着2回という安定感も魅力だ。リディル(父アグネスタキオン、デイリー杯2歳S、スワンS)、クラレント(父ダンスインザダーク、デイリー杯2歳S、エプソムCなど重賞6勝)、レッドアリオン(父アグネスタキオン、マイラーズC、関屋記念)、サトノルパン(父ディープインパクト、京阪杯)と兄4頭が重賞馬という血統面も大きな後押しになる。

【続きを読む】