中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.28 05:03

【アーリントンC】レースを終えて…関係者談話

 ◆丸山騎手(ダンツプリウス2着) 「馬がすごく柔らかかったし、ここまで力を付けているとは思わなかった」

 ◆ヴェロン騎手(ロワアブソリュー3着) 「乗りやすく、ラストもよく伸びて好内容の競馬をしてくれた。重賞でも十分にやれる馬です」

 ◆川田騎手(レオナルド4着) 「スムーズなレースはできましたし、よく頑張っていると思います」

 ◆Fベリー騎手(アーバンキッド5着) 「先頭に立つのが少し早く、ラスト100メートルで疲れた。ゲートはうまく出たが、まだ子供っぽい」

 ◆古川騎手(ヒルノマゼラン6着) 「すごくセンスがいいし、まだこれからの馬」

 ◆小牧騎手(ビップライブリー7着) 「3コーナーと直線で不利。それでもラストはいい脚を使っている」

 ◆福永騎手(ボールライトニング8着) 「57キロもあると思うが、攻め馬ほどの行きっぷりがなかった」

 ◆武豊騎手(オデュッセウス10着) 「阪神のマイルは合わない感じ」

 ◆太宰騎手(シゲルノコギリザメ12着) 「マイルより1400メートルの方がいいのかも」

★27日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら