中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.25 05:04

【中山記念】アンビシャス、力強く12秒7

 昨秋の天皇賞5着以来となるアンビシャスは、坂路でクランモンタナ(OP)と併せて、一杯に追われ4ハロン52秒2-12秒7。力強い脚さばきで1馬身半先着した。

 音無調教師は「そんなに動く方じゃないけどね。しっかりやったし、仕上がりは悪くない」と好感触を伝えた。昨年7月にGIIIラジオNIKKEI賞を勝って以来の手綱となるルメール騎手は「相手は強いがチャンスはある。中山の1800メートルは大丈夫。レースが(速く)流れてほしいね」と一発を狙っている口ぶりだった。

★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら