中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.25 05:04

【中山記念】イスラボニータ、半馬身先着12秒0

イスラボニータは鋭い反応を見せて先着。休み明けでも態勢は整った (撮影・今野顕)

イスラボニータは鋭い反応を見せて先着。休み明けでも態勢は整った (撮影・今野顕)【拡大】

 一昨年の皐月賞馬イスラボニータはWコースで蛯名騎手を背に併せ馬。ウィズエモーション(3歳OP)を5馬身ほど追走し、徐々にペースアップして差を詰めながら直線へ。手応えは十分で、ラストは一杯に追われて6ハロン82秒5、3ハロン37秒8-12秒0をマークし、半馬身先着した。「この馬のいつもの動き。まだ絞れる部分はあるけど、休み明けとしてはいい状態。最近の休み明けの中では一番」とジョッキーは好感触。「前走なんかは負けても強い競馬だった。いい形で今年をスタートできれば」と意気込んだ。

 栗田博調教師も「動きは良かったし、反応もシャープだった。あくまでもここはステップレースだが、感じは悪くない。相手は強いけど、自分の競馬をするだけ」と期待を込めた。

★中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら