中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.24 14:57

【阪急杯】レッツゴードンキ楽々12秒4

 昨年の桜花賞馬レッツゴードンキは岩田騎手が跨り、栗東坂路で単走。馬場の中央を柔らかみがある伸び伸びとしたフットワークで駆け上がり、後半2Fを楽に12秒0-12秒4でまとめた。

 「先週の時点でほぼ仕上がっていたので、今週は(4F)52~53秒くらいでいいと思っていた。時計は少し速くなったが抑えも利いていたし、いい内容だったね。精神面はあまり変わっていないが、肉体的にはパワフルになっている」と梅田調教師。桜花賞以来の美酒が味わえるか。(夕刊フジ)

★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら