中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.24 17:31

菜七子さんのJRAデビュー予定決まる~東西トレセンで記念ムチ贈呈式

贈呈式でムチを受け取る藤田菜七子騎手

贈呈式でムチを受け取る藤田菜七子騎手【拡大】

 新規騎手への記念ムチ贈呈式が2月24日、美浦トレセンで行われ、藤田菜七子(18歳)=美浦・根本康広厩舎=など、3騎手に浅井場長からムチが贈られた。藤田菜七子騎手は「デビューが間近に迫ってきて、とても緊張していますが、積極的な競馬ができるようにがんばりたいです」と抱負を語った。

 また、藤田菜七子騎手のJRAデビュー日も決定。3月5日の中山2R(3歳未勝利、ダート1200メートル)で、所属する根本厩舎のネイチャーポイントに騎乗予定であることを根本調教師が明らかにした。1Rに騎乗予定が入らなければ、これがJRA初騎乗となる見込みだ。藤田騎手は「ほっとしました。本当にうれしいです。まだ(ネイチャーポイントの)調教に乗っていないので、これから乗せてもらおうと思います」と満面に笑みを浮かべた。

 菊沢一樹騎手(18歳)=美浦・菊沢隆徳厩舎= 「たくさんの人への感謝を忘れずに、一頭一頭を大切に騎乗してきたいです」

 木幡巧也騎手(19歳)=美浦・牧光二厩舎= 「まずは1勝という気持ちはありますが、厩舎スタッフに愛される人を目指したいです」

 同日に栗東トレセンでも新規騎手への記念ムチ贈呈式が行われ、栗東所属の3騎手に栗東トレセンの谷崎場長から鞭が贈られた。

 森裕太朗騎手(18歳)=栗東・鈴木孝志厩舎= 「訓示の挨拶で清水先生から頂いた『初心忘るべからず』を意識し、厩舎関係者、ファンから信頼、信用される騎手を目指していきたい」

 坂井瑠星騎手(18歳)=栗東・矢作芳人厩舎= 「鞭をいただいて改めて騎手になる実感を得られました。一鞍一鞍、一人一人との縁を大切にし、ファンや厩舎関係者に信頼される騎手になりたい」

 荻野極騎手(18歳)=栗東・清水久詞厩舎= 「新人らしく何事にも積極的に取り組み、周りの方に教えていただくことを吸収していきたい」

関連

  • 調教をつける藤田菜七子騎手(手前)