中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.20 05:04

【フェブラリーS】最新ナマ情報(1/5ページ)

★最内も気にせず〔1〕パッションダンス

 〔1〕枠(1)番に決まった。GI昇格後は0勝の最内枠だが、平間助手は「枠はまったく気にしていなかったけど、どこでもよかった。最内枠も気にならない。ここまで問題なくきていて、調子はよさそう」と語った。

★陣営「壁作れる」〔2〕ホワイトフーガ

 昨年のJBCレディスクラシックでサンビスタを破ったホワイトフーガは、〔1〕枠(2)番に決まった。抽選に参加した高木調教師は「前に壁を作りやすい内枠が良かったし、いいところですね。馬群を苦にしないし、もまれるくらいでちょうどいい馬ですから」と満足げ。角馬場から坂路1本のメニューをこなしたこの日の様子にも「雰囲気はいいですよ」とうなずいた。

★枠順不問いざ3連覇〔3〕コパノリッキー

 3年連続優勝を狙う。枠順は〔2〕枠(3)番となった。一昨年が(13)番、昨年が(4)番から勝っている。「できれば外が良かった。でも、控えても競馬はできる馬だし、道中で外に出すタイミングがあれば。土曜日に東京で使う馬がいるし、帯同した方がいいと思うので金曜輸送にしました」と、村山調教師。19日の午後に無事に東京競馬場に到着した。

★内め「一番いい」〔4〕アスカノロマン

 前走の東海Sで重賞初制覇し、勢いに乗っている。枠順は〔2〕枠(4)番に決まり、川村調教師は「うれしいね。内の偶数だし、一番いい枠を引いたね」と、笑みが絶えなかった。

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!

【続きを読む】