中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.18 15:10

2歳ダート王オーブルチェフが引退、乗馬に

オーブルチェフ

オーブルチェフ【拡大】

 2011年の全日本2歳優駿などを制したオーブルチェフ(牡7歳、美浦・萩原清厩舎、父マリブムーン、母チャッターチャッター、母の父ロストソルジャー)が、2月17日付で競走馬登録を抹消した。今後は福島県南相馬市の松浦ライディングセンターで乗馬となる予定。

 オーブルチェフは通算12戦4勝(うち地方競馬2戦2勝)。獲得賞金は7025万9000円(付加賞含む。うち地方競馬5500万円)。重賞は交流GI・全日本2歳優駿、交流GIII・北海道2歳優駿の2勝(ともに2011年)。2月6日(土)のアルデバランS(オープン、京都、ダート1900メートル)での12着が現役最後のレースとなった。

★オーブルチェフの競走成績はこちら

★フェブラリーS攻略情報満載!絶好調 松本ヒロシ&調教動画星3つに注目!