中央競馬:ニュース中央競馬

2016.1.21 15:54

シルバーステート屈腱炎発症 長期休養へ

未勝利戦と紫菊賞を強い内容で連勝してクラシック候補の一角に挙げられていたシルバーステート

未勝利戦と紫菊賞を強い内容で連勝してクラシック候補の一角に挙げられていたシルバーステート【拡大】

 未勝利戦と紫菊賞を強い内容で連勝してクラシック候補の一角に挙げられていたシルバーステート(栗東・藤原英昭厩舎、牡3歳)が、屈腱炎のため長期休養を余儀なくされたことがわかった。同馬を所有するG1サラブレッドクラブのホームページで21日に発表されたもので、左前脚に強い熱感があったことから検査をした結果、屈腱部の炎症が判明。詳細は改めて検査してからになるが、長期の休養は避けられない見込みで、クリストフ・ルメール騎手とのコンビで挑む予定だった共同通信杯(2月14日、東京、GIII、芝1800メートル)は断念することになった。

★シルバーステートの競走成績はこちら