中央競馬:ニュース中央競馬

2016.1.7 19:11

香港年度代表馬エイブルフレンドが屈腱炎で休養

 昨シーズンの香港の年度代表馬エイブルフレンド(セン7歳=現地表記は6歳、香港=ジョン・ムーア厩舎)が右前脚に屈腱炎を発症。J.ムーア調教師が「治療とリハビリのため、生まれ故郷のオーストラリアに移動させたい」と希望したと、現地紙(サウスチャイナモーニングポスト)が報じた。

 エイブルフレンドは、昨年暮れの香港マイル(12月13日、香港シャティン競馬場、GI、芝1600メートル、優勝馬は2015年JRA年度代表馬に選出されたモーリス)で3着に敗れ、そのときに右前脚に軽度の跛行がみられた。その後は小康状態を保っていたが、年明けの今週の月曜日の調教後にも同じ脚に跛行がみられ、MRIスキャンでの精密検査により屈腱炎を発症していることが判明した。

 エイブルフレンドは2014年の香港マイルなどGIを5勝。最新のロンジンワールドベストレースホースランキングで125ポンドのレーティングで世界4位タイ。マイルの距離カテゴリー(1301メートル~1899メートル)ではトップの評価を受けている。