中央競馬:ニュース中央競馬

2016.1.6 14:33

JRA賞発表 年度代表馬は6戦全勝のモーリス!

初の海外遠征となった香港マイルを快勝するなど、年間6戦全勝の成績を残したモーリス

初の海外遠征となった香港マイルを快勝するなど、年間6戦全勝の成績を残したモーリス【拡大】

 JRAは6日、2015年度のJRA賞競走馬部門の受賞馬を発表した。同日12時からJRA本部(東京都港区)で受賞馬選考委員会が行われ、記者投票の結果に基づいて決まったもので、年度代表馬に選ばれたのは国内外でマイルGIを3勝するなど年間6戦全勝の成績を残したモーリス(美浦・堀宣行厩舎)。昨年は1000万下からのスタートだったが、そこから無傷の快進撃で安田記念、マイルチャンピオンシップを制し、初の海外遠征となった香港マイルでも最強マイラーのエイブルフレンドなどを破って快勝した。短距離路線を中心に活躍して年度代表馬に輝いたのは、タイキシャトル、ロードカナロアに次いで3頭目となる。

 各部門の受賞馬は下記の通り。なお、授賞式はすでに発表されている調教師部門、騎手部門も合わせて、25日に東京都内のホテルで行われる。

《競走馬部門》
年度代表馬=モーリス(美浦・堀宣行厩舎)
最優秀2歳牡馬=リオンディーズ(栗東・角居勝彦厩舎)
最優秀2歳牝馬=メジャーエンブレム(美浦・田村康仁厩舎)
最優秀3歳牡馬=ドゥラメンテ(美浦・堀宣行厩舎)
最優秀3歳牝馬=ミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎)
最優秀4歳以上牡馬=ラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎)
最優秀4歳以上牝馬=ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎)
最優秀短距離馬=モーリス(美浦・堀宣行厩舎)
最優秀ダートホース=コパノリッキー(栗東・村山明厩舎)
最優秀障害馬=アップトゥデイト(栗東・佐々木晶三厩舎)

 各部門の得票数は次の通り。投票者は291名。

●年度代表馬
モーリス 215
ラブリーデイ 55
ドゥラメンテ 19
キタサンブラック 1
該当馬なし 1

●最優秀2歳牡馬
リオンディーズ 289
ハートレー 2

●最優秀2歳牝馬
メジャーエンブレム 291

●最優秀3歳牡馬
ドゥラメンテ 285
キタサンブラック 6

●最優秀3歳牝馬
ミッキークイーン 291

●最優秀4歳以上牡馬
ラブリーデイ 174
モーリス 114
エイシンヒカリ 1
ゴールドアクター 1
該当馬なし 1

●最優秀4歳以上牝馬
ショウナンパンドラ 213
ストレイトガール 74
マリアライト 3
サンビスタ 1

●最優秀短距離馬
モーリス 245
ストレイトガール 43
該当馬なし 2
エアロヴェロシティ 1

●最優秀ダートホース
コパノリッキー 147
サンビスタ 73
ホッコータルマエ 28
該当馬なし 16
ノンコノユメ 14
サウンドトゥルー 13

●最優秀障害馬
アップトゥデイト 289
サナシオン 1
該当馬なし 1

◎モーリス関係者のコメント

 ◆吉田和美オーナー「このように大きな賞をいただき、モーリス号に成り代わり、御礼申し上げます。また、堀調教師をはじめ、モーリスに関わってくださったすべての方に感謝いたします」

 ◆堀宣行調教師「年度代表馬に選出され、大変光栄に思います。昨年は、いろいろな異なった環境の中で結果を出してくれたと思っています。この馬の高い競走能力と学習能力の賜物であると同時に、それまでこの馬に携わってきた方々のやってきたことが実を結んだ結果と感謝いたしております。今後もこの馬の可能性を追求して、持って生まれた能力を発揮させていくことで、ファンの皆さまにより競馬を楽しんでいただけたらと思います」

 ◆ライアン・ムーア騎手「昨年は大活躍の一年でした。素直な性格で、馬体も成長して、安田記念、マイルチャンピオンシップを勝利、さらには香港でも強い馬を負かすことができ、世界でもトップホースであることが証明できました」

 すでに発表されている調教師部門、騎手部門の受賞者は次の通り。

《調教師部門》
最多勝利調教師=堀宣行調教師(美浦)
最高勝率調教師=堀宣行調教師(美浦)
最多賞金獲得調教師=池江泰寿調教師(栗東)
優秀技術調教師=松永幹夫調教師

《騎手部門》
JRA最多勝利騎手=戸崎圭太騎手(美浦・田島俊明厩舎)
JRA最高勝率騎手=クリストフ・ルメール騎手(栗東・フリー)
JRA最多賞金獲得騎手=ミルコ・デムーロ騎手(栗東・フリー)
MVJ=戸崎圭太騎手
最多勝利障害騎手=五十嵐雄祐騎手(美浦・フリー)
最多勝利新人騎手=鮫島克駿騎手(栗東・浅見秀一厩舎)