【中山金杯】ブライトエンブレム、中山二千に自信アリ

2015.12.30 05:02

 菊花賞7着ブライトエンブレムは美浦坂路を4ハロン65秒2、同62秒1と2本登坂。追い切りを翌日に控え、きっちりと負荷をかけた。中間は重め残りと首の張りが伝えられていたが、「動きはよかった」と小島茂調教師。「菊花賞は(3角で前が詰まる)不利もありましたが、あれだけ走ってくれました。中山の2000メートルは条件的にいいですし、今回は頑張ってもらいたい」と巻き返しを期待する。

★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

閉じる