中央競馬:ニュース中央競馬

2015.12.26 05:08

【有馬記念】最新ナマ情報(5/5ページ)

◆斤量53キロで全開〔13〕ルージュバック

 坂路を4ハロン68秒4で軽く上がった。久々だった前走のエリザベス女王杯は4着だったが、後方から目立つ脚いろで追い上げた。大竹調教師は「前回は明らかに休み明けの体だったし、勢いがついたところで内から寄られながらよく伸びてきたと思う。今回は中身が違うし、斤量53キロも魅力。スムーズに力を発揮できれば」と期待十分。休み明け2戦目で能力全開だ。

◆チャンスは十分〔14〕ダービーフィズ

 坂路1本からWコース1周のメニュー。小島太調教師は前走のジャパンC9着について「すべてうまく行けば掲示板(5着以内)はあったんじゃないかというレースだった」と振り返り、「元気いっぱいで状態はいい。今年はディープインパクトやオルフェーヴルのような馬はいないので、チャンスは十分にあると思っている」と語った。

◆元気が良すぎる 〔15〕ゴールドシップ

 坂路をラスト1ハロン12秒7(4ハロン62秒5)とうなるような動きで駆け上がった後、ゲートで駐立の練習。落ち着いていた。「時計を気にせず気分良く走らせたけど、元気が良すぎるね。やれるだけのことはやった。『人事を尽くして天命を待つ』だね」と須貝調教師は納得の表情だった。

★「第60回 有馬記念特集」大型馬柱&調教タイム&レース前談話などを無料公開!