中央競馬:ニュース中央競馬

2015.12.23 05:04

【有馬記念ドキュメント】レーヴの連闘は意外にいいかも?(2/2ページ)

出否未定だったトーセンレーヴは連闘でグランプリに参戦。池江厩舎は3頭出しだ

出否未定だったトーセンレーヴは連闘でグランプリに参戦。池江厩舎は3頭出しだ【拡大】

 で、改めて池江師に取材を開始。「反動はなさそう。今年は4戦しかしていないし、フレッシュだからね」と出走に前向きだ。3歳時には青葉賞(3着)から連闘でプリンシパルSを勝った馬であり、ディセンバーSからの連闘ではマイネルブリッジ(1996年有馬記念3着)が思い出される。この強行軍は意外にいいかも、と柴田は思った。

 一方、霜が降りて寒さも増した美浦トレセン。調教スタンド1階のベンチには馬の動きを見守る横山典騎手の姿があった。報道陣に囲まれた名手は、何を聞かれるかは承知。もちろん、キタサンブラックのことだ。

 「スプリングS以外は一緒に競馬をしたから、よく知っているつもりだ。(サクラ)バクシンオーが肌(母の父)なのに、脚が長くスリムな体形。だから菊花賞でもあのパフォーマンスを演じられたのだろう。あなたたちが思うとおりで、癖がなく乗りやすい馬。俺もそう判断している」

 そう語った後、「オーナー(歌手の北島三郎)には懇意にしてもらっている。自然体で臨み、オーナーの強運に乗ってみたい」とほほ笑んだ。

★「第60回 有馬記念特集」大型馬柱&調教タイム&レース前談話などを無料公開!