中央競馬:ニュース中央競馬

2015.12.9 05:07

【阪神JF】血統診断

 ステイゴールド、ダイワメジャー産駒がそれぞれ5頭登録と、ディープインパクトの3頭を上回っている。狙いたいのはステイ産駒だ。宝塚記念を5勝し、このレースも2013年にレッドリヴェールが制覇と、阪神で特に強さを発揮している。

 アドマイヤリードの母ベルアリュールIIは仏米で中距離GIIIを2勝と、母系も上々。前走の京都芝1600メートルの500万下特別を快勝。パワーが必要な阪神なら十分上積みが期待できる。

 他のステイ産駒では欧州GI2勝で安田記念2着のディクタットが近親にいるクロコスミアが注目されるが、半兄に春の天皇賞馬ビートブラック(父ミスキャスト)がいるウインミレーユも侮れない。

 ダイワメジャー産駒では、叔父にエイシンフラッシュがいるメジャータイフーンが一番手。マイル戦は望むところだろう。ニュージーランドT2着馬グランシルク(父ステイゴールド)の半妹クードラパン、3代母が仏オークス2着のハーレディシップのメジャーエンブレムも上位を狙える。

 ディープインパクト産駒ではキャンディバローズが最上位。半姉が函館2歳Sを制したファインチョイス(父アドマイヤムーン)で、早い時期から活躍できる血統だ。

 万能型種牡馬キングカメハメハの産駒で、母が2006年の阪神JF3着馬ルミナスハーバーのアットザシーサイドも好勝負が可能。メイショウサムソン産駒のデンコウアンジュは、一族に天皇賞・秋を制覇したスリージャイアンツがいる。タフな血脈で成長力も十分だ。(血統取材班)

★阪神ジュベナイルフィリーズの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら