中央競馬:ニュース中央競馬

2015.12.9 05:00

【矢作芳人調教師 信は力なり】コンビで海外GI勝利が悲願(1/2ページ)

 ドレッドノータスで京都2歳S(GIII、11月28日)を勝つことができた。これでデビューから2連勝。来年のクラシックが大いに楽しみになった。

 そして何より武豊の騎乗でようやく重賞を勝てたことがうれしかった。豊との最初の出会いは1984年までさかのぼる。そのとき彼は競馬学校騎手課程に入学したばかりの初々しい1年生。背が高く、名手武邦彦さんの息子さんであることは知られていたが、それほど、目立つ存在ではなかった。

 後にこれほどの大騎手になるとは夢にも思っていなかったから、何気にお互いの将来などを語り合ったものだ。今思えば2人とも怖いもの知らずなところだけは似ていたな。最近の会話は共通の趣味である競輪の話ばかり。仕事の話はほとんどしない。

【続きを読む】