中央競馬:ニュース中央競馬

2015.12.6 09:27

地方競馬の交流重賞で中央馬の出走枠が拡大

 JRAは6日、来年の地方競馬におけるダート交流重賞で、中央馬の出走枠が拡大されることを発表した。今年の実績を考慮して、下記の競走で各1頭拡大される。

 マイルチャンピオンシップ南部杯、帝王賞、ジャパンダートダービーは6頭から7頭に。かしわ記念、川崎記念は5頭から6頭に。東京大賞典は外国馬の出走がなければ6頭から7頭にそれぞれ増え、JBC各競走はフルゲートに応じて変動(12頭以下=5頭、13~14頭=6頭、15頭以上=7頭)する。

 GII以下ではエンプレス杯、名古屋大賞典、かきつばた記念、兵庫ジュニアグランプリ、サマーチャンピオンがそれぞれ4頭から5頭へと拡大される。