中央競馬:ニュース中央競馬

2015.11.28 10:50

【ジャパンC】28日の外国馬リポート

 ジャパンカップ(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)に出走予定の外国馬4頭は、決戦を明日に控えた28日(土)にも滞在している東京競馬場で、早朝に馬場入りして調整した。

【東京競馬場】 11月28日 天候:晴れ、馬場状態:芝=良 ダート=重

◎イラプト(フランス=フランシスアンリ・グラファール厩舎、牡3歳)は、オルリアン・ベレ厩務員が騎乗してダートコースでダク1/4周~キャンターで2周。

 ◆フランシスアンリ・グラファール調教師「馬もハッピーでコンディションはとても好調です。これ以上ないくらいに仕上がっています。芝コースも、今朝は霜が降りていますが、明日のレースのときには、この馬にちょうど良い状態になっていると思います。明朝も今朝は同じような運動を行う予定です」

◎イトウ(ドイツ=ジャンピエール・カルヴァロ、牡4歳)は、レネ・ピーヒュレク騎手が騎乗してダートコースでダク1/2周、キャンター3/4周。

 ◆ジャンピエール・カルヴァロ調教師「馬の調子は上々です。4週前にレースを走っているので、疲労も考慮したうえで調整してきました。必ずしも逃げにこだわっているわけではありませんが、スタートも速い馬なので、状況を見て他に行く馬がいなければ逃げることになるでしょう」

◎ナイトフラワー(ドイツ=ペーター・シールゲン厩舎、牝3歳)は、イルケ・ヒルデブランド調教助手が騎乗してダートコースでキャンター1週1/4。

 ◆ペーター・シールゲン調教師「馬の調子は良いようです。本国で強めの運動をやってきたので、こちらでは馬をリフレッシュさせるようにしました。大外枠になりましたが、できることはすべてやってきましたし、強い牝馬で斤量も53キロと有利なので、全力を出し切ってくれたらと思います」

◎トリップトゥパリス(イギリス=エドワード・ダンロップ厩舎、セン4歳)は、スティーヴン・ニコルソン厩務員が騎乗して芝コースで常歩~ダクで1周半、キャンターで3/4周。

 ◆エドワード・ダンロップ調教師「来日してから初めて運動を見ましたが、気持ち良く動いていましたし、馬場状態も好感触でした。この馬はステイヤーですが、末脚も良いので2400メートルにも対応できると思います。枠よりもペースが重要だと思いますが、人気馬(ラブリーデイ)の隣なのでその馬をマークする形になると思います」

★「第35回ジャパンC」特集 大型馬柱&調教タイム&レース前談話も掲載

★パソコン&スマホでエイト紙面が読める「競馬エイトView」
  今週は土・日・月の3日間開催!