中央競馬:ニュース中央競馬

2015.11.25 10:31

【ジャパンC】イトウ、テンション高く…

馬体の張りは上々でスカッとした好仕上がりのイトウ

馬体の張りは上々でスカッとした好仕上がりのイトウ【拡大】

 前走の独GIバイエルン大賞典を4馬身差で逃げ切ったイトウは、「この馬は勝ちたいという気持ちが強く、誰も行かなければ行くだろう」と、陣営が早くも逃げ宣言を出している。

 ダートコースを最高速1F14秒0のキャンターで1周。馬体の張りは上々で、スカッとした好仕上がりだ。頭の高い走法でイレ込み気味のテンションもやや気になったが、「いつもと変わらず、とてもいい状態。体調が十分ではなかった3走前も良馬場でも2着になっている。馬場は問わないと思う」とピーヒュレク騎手(レースはミナリク騎手)は好感触だった。

 父は独ダービー馬、母は独オークス馬というドイツの誇る超良血馬で、レーティング120はメンバー中トップタイだ。とはいえ前走は重馬場を利した印象が強く、フットワークからも日本の高速馬場は“?” 単騎逃げに持ち込んでも苦しいか。(夕刊フジ)

★ジャパンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら