【エ女王杯】最新ナマ情報

2015.11.14 05:06

◆外枠意に介さず〔16〕スマートレイアー

 〔8〕枠(16)番とやや外めになったが、「枠にこだわりはありません。与えられたところからですね」と大久保調教師は意に介さない。この日はゲート練習。「状態もキープできています。いつも通り、決め手を使ってくれれば」と師は話した。

◆連覇へ好枠ゲット〔10〕ラキシス

 史上4頭目の連覇を狙う。枠順は〔5〕枠(10)番に決定。一昨年は(18)番枠で2着、昨年は(1)番枠から優勝した。「一昨年、去年と極端な枠で走っているので、どこでもいいですが、真ん中の偶数枠ならちょうどいいですね」と滝川助手は満足げに話した。この日は4ハロン62秒9-15秒0で登坂。しっかりとした脚さばきで、気配良好だ。

◆内めで流れ乗る!〔3〕フーラブライド

 京都大賞典5着から挑む。枠順は〔2〕枠(3)番。〔1〕枠(2)番だった昨年(4着)と同様、内めからのスタートになった。「あまり内すぎない方がと思っていたけど、去年も同じような枠だからね。ある程度流れに乗っていければ」と木原調教師は前向きに話した。

◆外枠「悪くない」〔14〕ノボリディアーナ

 府中牝馬Sで重賞初制覇。〔7〕枠(14)番と、外めの偶数枠に、「このへんなら悪くないね。きょうも坂路(4ハロン66秒4)でいい感じだったよ」と松永昌調教師は笑顔で話した。

◆侮れぬ一昨年V馬〔13〕メイショウマンボ

 一昨年の勝ち馬は〔7〕枠(13)番。「枠はどこでもいいです。仕掛けて反応するところを、レースで出してほしいですね」と飯田祐調教師は復活を願っている。

◆最多タイ3勝枠!〔7〕シャトーブランシュ

 過去最多タイの3勝をマークする〔4〕枠(7)番に入った。高橋忠調教師は「ポジションを取りに行く馬じゃないので、周りを見ながら競馬できる。リラックスした状態でいけそう。あとはジョッキーに任せています」とうなずいた。

◆馬場入り先頭歓迎〔1〕パワースポット

 最内の(1)番を引き当てたが菊沢調教師は「後ろから行く馬なので、内枠でも」と、あまり気にしていない様子。ただ「パドックに長くいたくないので、少しでも早く出られるのはいいかな」と、先頭での馬場入りを喜んでいた。

◆好枠から虎視眈々〔4〕リラヴァティ

 枠順は〔2〕枠(4)番。僚馬タッチングスピーチと同様、好枠をゲットした石坂調教師は「2頭ともいい枠だな」と満足げ。まだ準オープンだが、今春の福島牝馬S(GIII)はクビ差2着と好走しており、格下でも侮れない。

◆折り合いポイント〔5〕タガノエトワール

 〔3〕枠(5)番に松田博調教師は「折り合いを考えれば、真ん中くらいの枠がいい」と納得の表情だ。「もともと掛かる馬じゃないけど、前回はマイル戦で出していってるから、それがどう出るかやな」と折り合い面をポイントに挙げた。

◆「至って順調です」〔12〕マリアライト

 坂路で4ハロン62秒2を1本。馬体は研ぎ澄まされ、フットワークもダイナミックだ。枠順は〔6〕枠(12)番。「立ち回りの上手な馬ですし、枠順は関係ない。至って順調です」と小林助手。

◆「多少の雨大丈夫」〔2〕クイーンズリング

 秋華賞2着馬は、内めの〔1〕枠(2)番。「真ん中よりも内枠がいいと思っていました。外よりもいいし、この枠を生かして、いい位置で運びたい」と吉村調教師。週末の天気は下り坂だが、「多少の雨なら大丈夫でしょう」と期待を込めた。

★エリザベス女王杯の枠順はこちら

閉じる