中央競馬:ニュース中央競馬

2015.11.3 13:13

【メルボルンC】日本馬2頭は完敗 女性騎手が初V(1/3ページ)

 オセアニア最大のレースとして知られる伝統の長距離戦、第155回メルボルンカップ(GI、芝3200メートル、1着賞金360万豪ドル=約3億1122万円)が3日、オーストラリア・ビクトリア州のフレミントン競馬場で行われ、女性ジョッキー、ミシェル・ペイン騎乗の人気薄プリンスオブペンザンス(オーストラリア=ダレン・ウィアー厩舎、セン6歳)が優勝した。女性騎手によるメルボルンC制覇は史上初の快挙。勝ちタイムは3分23秒15(良)。日本から参戦したフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、牡5歳)は13着、ホッコーブレーヴ(美浦・松永康利厩舎、牡7歳)は17着に敗れた。

★人気薄の優勝馬は父も母も日本にいた!

【続きを読む】