中央競馬:ニュース中央競馬

2015.10.15 05:03

【沢田康文の欧州リポート】エアフォースブルー、英2000ギニー大本命

 ロンドンの北100キロにあるニューマーケット競馬場で10日、名馬への登竜門として知られる2歳GIデューハーストS(芝・直7ハロン)が行われた。14戦全勝で引退したフランケルなどの歴史的名馬が勝っているレースで、今年はR・ムーア騎乗のエアフォースブルー(愛=A・オブライエン、牡、父ウォーフロント)が2着に3馬身1/4差をつけて楽勝。通算5戦4勝、2着1回で、GIは早くも3勝目となった。

 他馬との次元の違いをアピールするような鮮烈な勝ちっぷりに、オブライエン調教師は現地メディアの取材に対して「これまでに手がけた最高のジュベナイル(2歳馬)」とのコメントを残している。エアフォースブルーはこの勝利により、来春の英クラシック初戦2000ギニーの大本命に躍り出た。

 ニュースターが誕生したデューハーストSは現地に向かえなかったが、今月上旬、フジテレビ系新番組『ラグジュアリータイム』(毎週月曜日23時9分~15分)の取材でニューマーケットを訪ねる機会があった。

 3000頭を超えるサラブレッドが暮らすニューマーケットは、ホースマンたちが強い馬づくりに日々励む馬の町。早朝になると、たくさんの厩舎から馬が歩き出す。

 『ラグジュアリータイム』は欧州のみならずさまざまな国の競馬と、ともにある街並みや風景、そしてそれをたしなむ人々を美しい映像と音声で紹介していくミニ番組。年末まで約3カ月間の放送予定となっている。 (在仏競馬記者)