中央競馬:ニュース中央競馬

2015.9.10 17:57

【本命穴馬】水谷「54キロ魅力3歳ヤングマン」(1/2ページ)

春には重賞を勝ち、夏は古馬戦で健闘したヤングマンパワー。54キロは恵まれた?

春には重賞を勝ち、夏は古馬戦で健闘したヤングマンパワー。54キロは恵まれた?【拡大】

★京成杯AH&セントウルS

 しの いよいよ秋競馬ね。といっても、スタートはサマーシリーズ…。

 漆山 それより美浦は秋雨前線と台風の影響で近年希に見る大雨。嵐の幕開けの予感だよ。

 しの ちなみに京成杯AHの1番人気は01年ゼンノエルシド以来連対なし。ついでに56キロ以上の重ハンデ馬も、00年に57キロシンボリインディが勝った以外は後にも先にも連対ゼロ。大雨じゃなくても波乱の予感満載ね。

 漆山 と言いながら注目は人気濃厚のアルビアーノ。レッドアリオンはハナにこだわらないタイプだし、開幕週の馬場で単騎逃げがほぼ確定なら狙える。木村調教師は「ハンデ(53キロ)は3歳牝馬にしては見込まれた」と憮然としてたけど。

 しの GI2着馬がハンデ53キロで文句を言うのは贅沢! ただ、同じGIIウイナーでも古馬相手の関屋記念で3着と善戦したヤングマンパワーの54キロはラッキーね。

 内海 美浦で一番強気なのはヤングマンの手塚調教師。前走で株を上げた形だけど、「人気がないだけで、いつも走ると言ってるんだから。内枠なら勝てる」と。

 漆山 松岡騎手も「前走は次にここを使うことを考えてあえて3番手の競馬。自在性が出てくるといいね。馬はグングン良くなっている。期待してて」と強気だ。

 しの 同じ3歳でも、重賞未勝利のグランシルクはNHKマイルC5着を評価されたのか54キロ。

 内海 戸田調教師は追い切りで若干トーンダウン。「息づかいが物足りないんで負荷をかけたかったけど、この馬場でできなかった。いい乗り役を確保できたし、結果を出せると思っているけど…」と。煙幕を張っている可能性もあるが。

 漆山 中京記念を勝ったスマートオリオンは、関屋記念が電池が切れたような止まり方。「長い直線で集中力が途切れた」という鹿戸調教師の説明に納得したよ。

 しの 問題はハンデ57・5キロね。

 内海 シャイニープリンスは蛯名騎手が、「前走の走りは悪くない。もうひとつ、何かの助けがあれば」とまずまず。マイルシリーズ皆勤賞で(2)(4)着のアルマディヴァンは「怖いのは3歳馬かな」と高橋文調教師。

 水谷 せやろ、やっぱり3歳や。ヤングマンに頑張ってもらわな。

【続きを読む】