ポルトドートウィユが屈腱炎発症 全治1年の見込み

2015.8.29 13:49

 今年のきさらぎ賞、京都新聞杯で2着するなどクラシック戦線をわかせた良血馬ポルトドートウィユ(栗東・高野友和厩舎、牡3歳、父ディープインパクト、母ポルトフィーノ)が、左前脚に屈腱炎を発症していることが分かった。29日に、同馬が所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表されたもので、秋の復帰に向けてノーザンファーム早来で乗り込まれていたものの、左前脚に熱感と腫れがあったことからエコー検査を実施した結果、屈腱炎と判明。復帰までには1年を要する見込みだが、再起を目指す方針だ。

★ポルトドートウィユの競走成績はこちら

閉じる