中央競馬:ニュース中央競馬

2015.8.6 05:02

フェイム&ブレーヴ、秋の豪遠征が正式決定

 天皇賞・春2着のフェイムゲーム(美・宗像、牡5)と同6着のホッコーブレーヴ(美・松永康、牡7)の豪州遠征が正式に決定したことが5日、分かった。

 いずれもコーフィールドC(10月17日、コーフィールド、芝2400メートル)、メルボルンC(11月3日、フレミントン、芝3200メートル)のGI2戦を予定しており、9月3日から美浦トレセンで出国検疫を受けたあと、18日に成田空港から豪州入り。メルボルン近郊のウェリビー競馬場の検疫厩舎で調整される。

 鞍上は、フェイムゲームはすでにザカリー・パートン騎手(32)=豪州出身、香港拠点=に決まっているが、ホッコーブレーヴは未定。

 また、JRAはこの日、前記2頭に加えてハナズリベンジ(栗・牧田、牝4)が、コーフィールドCの予備登録を行ったと発表した。