中央競馬:ニュース中央競馬

2015.8.3 11:10

米3冠馬アメリカンフェイロー 大楽勝で8連勝!

 37年ぶりにアメリカ3冠馬に輝いたアメリカンフェイロー(アメリカ=ボブ・バファート厩舎、牡3歳)が2日(日本時間3日午前)、3冠達成後、初の実戦となるハスケル招待ステークス(モンマスパーク競馬場、ダート9ハロン)に出走。ほとんど馬なりという大楽勝で、8連勝を飾った。

 主戦ヴィクター・エスピノーザ騎手を背に、単勝1.1倍という圧倒的な支持を得て7頭立てのレースに臨んだアメリカンフェイローは、スタート直後から2番手につけ、逃げるコンペティティヴエッジをマーク。最終コーナー手前であっさり前をかわすと一気に突き放し、後続との差を大きく広げる。最後は全くの馬なりでスピードダウンしながらのフィニッシュ。2着キーンアイスに2馬身1/4差という着差だったが、まともに追っていれば相当な差がついていたであろう圧勝だった。タイムは1分47秒95。この日のモンマスパーク競馬場には、3冠馬の雄姿を見ようと過去最高の6万983人が訪れ、その大歓声の中をアメリカンフェイローはゆうゆうと駆け抜けた。

 アメリカンフェイロー(American Pharoah)は、父パイオニアオブザナイル、母リトルプリンセスエマ、母の父ヤンキージェントルマンという血統。デビュー戦5着後8連勝で、通算9戦8勝。GIは7勝目となった。