中央競馬:ニュース中央競馬

2015.8.3 05:07

【クイーンS】スザンナ差し切り37戦目で重賞初V(3/3ページ)

メイショウスザンナ(中央・ピンク帽)がデビューから37戦目で初タイトル奪取。高橋忠調教師らの喜びもひとしおだ (撮影・浅野一行)

メイショウスザンナ(中央・ピンク帽)がデビューから37戦目で初タイトル奪取。高橋忠調教師らの喜びもひとしおだ (撮影・浅野一行)【拡大】

 新潟競馬場で観戦した高橋忠調教師は「どこかでタイトルを獲らせてあげたいと思っていました。年齢的に来年は繁殖かなと思っていたので、重賞を勝ててよかった」と喜んだ。そして、気ムラで集中力が続かない“お嬢さん”を走る気にさせるために尽力した厩舎スタッフについて、「一生懸命やってくれていました」と語り、労をねぎらった。

 次走は未定だが、タイトルの味を覚えた6歳牝馬メイショウスザンナが、今後の重賞戦線を盛り上げてくれるに違いない。 (片岡良典)

★2日札幌11R「クイーンS」の着順&払戻金はこちら

メイショウスザンナ

父アグネスデジタル、母グリーンオリーヴ、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牝6歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道新冠町・北星村田牧場の生産馬。馬主は松本好隆氏。戦績37戦5勝。獲得賞金1億2828万円。重賞初勝利。クイーンSは高橋義忠調教師、松田大作騎手ともに初勝利。馬名の意味は「冠名+モーツァルト作曲『フィガロの結婚』のフィガロの結婚相手」。