【函館2歳S】ブランボヌール、父に贈った一番星!

2015.7.27 05:06

 第47回函館2歳ステークス(26日、函館11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3000万円 =出走16頭)岩田康誠騎乗のブランボヌールが中団から差し切って1番人気に応え、世代初の重賞ウイナーに輝いた。タイム1分10秒6(稍重)。ディープインパクト産駒は、グレード制が導入された1984年以降で8頭目となるJRA全10場重賞制覇を達成。岩田騎手は、函館記念(ダービーフィズ)に続く2週連続重賞Vで函館リーディング(23勝)に花を添えた。3馬身1/2差の2着は3番人気メジャータイフーン。

 北の大地で芦毛の牝馬ブランボヌールが強烈な輝きを放った。直線で外からグングンと伸び、3馬身半差の圧勝。世代最初の重賞を制し、父ディープインパクトに産駒のJRA全10場重賞制覇の記録もプレゼントした。

 「落ち着いてレースができたし、すごい末脚を持っている。内はゴチャつくと思っていたし、強いと分かっていたので外を回った。どれだけ脚を使ってくれるかと思っていたけど、本当にいい脚でしたね」

 函館リーディングを獲得した岩田騎手は理想通りの内容に胸を張った。

 中団の外を追走し、3コーナー過ぎから徐々に進出。鞍上のムチに反応して直線半ばで先頭に躍り出ると、あとは突き放す一方だった。中竹調教師は「行きだしたらひとまくり。ポテンシャルが高いね」と舌を巻く。

 今後は北海道新冠町のノースヒルズに放牧に出る。秋の始動戦は未定だが、今年は2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ(12月13日、阪神、GI、芝1600メートル)が最大目標だ。

 トレーナーは「メンタルがたくましい。現時点では課題らしいものもないし、順調に成長してほしいね。まだ底を見せていない。最終的にはもちろん桜花賞が目標になるだろう」と目を細めた。

 ブランボヌールが、堂々の主役として同世代を引っ張っていく。 (渡部陽之助)

★26日函館11R「函館2歳S」の着順&払戻金はこちら

ブランボヌール

 父ディープインパクト、母ルシュクル、母の父サクラバクシンオー。芦毛の牝2歳。栗東・中竹和也厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田葉子氏。戦績2戦2勝。獲得賞金3756万7000円。重賞初勝利。函館2歳Sは中竹和也調教師が初勝利、岩田康誠騎手は2009年ステラリードに次ぐ2勝目。馬名の意味はフランス語で「白い幸福」。

閉じる