中央競馬:ニュース中央競馬

2015.7.26 18:39

落馬負傷の菱田騎手は脳挫傷の疑いも意識ははっきり

 26日に行われた函館3Rの1コーナーでブライアンキングが前の馬に触れてつまずき、騎乗していた菱田裕二騎手(22)=栗東・岡田稲男厩舎=が落馬した。

 函館市内の病院に搬送されて検査を受けた結果、「左肺挫傷、外傷性気胸、脳挫傷疑い」という診断。JRAによると意識ははっきりしているとのことだが、その後のレースはすべて乗り替わりとなった。

 なお、この落馬は他の馬の影響によるものではなく、ブライアンキングが自ら前の馬の後肢に触れ、つまずいたことによるものだったとして、菱田騎手に過怠金10万円の制裁が科されている。