中央競馬:ニュース中央競馬

2015.7.23 22:25

GI2勝馬ブラックホークが死亡 21歳

 スプリンターズS、安田記念とGIを2勝したブラックホーク(父ヌレイエフ、母シルヴァーレーン、母の父シルヴァーホーク)が22日、繋養先の熊本県・本田土寿牧場で心臓まひのため死亡した。21歳だった。

 美浦・国枝栄厩舎からデビューしたブラックホークは、1番人気に応えて新馬勝ちすると、その素質を高く評価されたが、3歳時は伸び悩んだ。4歳春に本格化して、3連勝で重賞(GIIIダービー卿チャレンジT)初制覇。5歳秋には初めて挑戦したスプリント戦のスプリンターズSで優勝し、国枝栄調教師、金子真人オーナーに初めてのGI制覇をもたらした。その後はなかなか勝ち切れなかったが、7歳春に安田記念を制して2度目のGI勝ち。種牡馬としてはクーヴェルチュール(キーンランドC)、チェレブリタ(京都牝馬S)を送り出し、2011年からは現在の繋養先に移動していた。

★ブラックホークの競走成績はこちら