中央競馬:ニュース中央競馬

2015.7.20 05:09

【函館記念】ダービーフィズ叩き合い制し重賞初V!(3/3ページ)

絶好調の岩田騎手が手綱を取ったダービーフィズ(中央)はハギノハイブリッドに競り勝ち、待望のタイトル獲得だ (撮影・高橋茂夫)

絶好調の岩田騎手が手綱を取ったダービーフィズ(中央)はハギノハイブリッドに競り勝ち、待望のタイトル獲得だ (撮影・高橋茂夫)【拡大】

 管理する小島太調教師は今年、中日新聞杯に次ぐ重賞2勝目。「ここでいい勝負をしたら札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)に行こうと思っていたから、馬運車の手配もしていたんだよ。それぐらい自信があった」とご満悦だ。

 この馬自身は初めての北海道参戦だが、全姉のアプリコットフィズは2010年の札幌・クイーンS勝ち馬。洋芝巧者の血統でもあった。

 5歳にして重賞初勝利だが、厩舎の期待がもともと大きかったダービーフィズ。本格化の夏を迎えて、これから大きな仕事をしてくれそうだ。 (柴田章利)

★19日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

ダービーフィズ

 父ジャングルポケット、母マンハッタンフィズ、母の父サンデーサイレンス。栗毛の牡5歳。美浦・小島太厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績25戦5勝。獲得賞金1億4194万1000円。重賞初勝利。函館記念は小島太調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。馬名の意味は「カクテル名」。