中央競馬:ニュース中央競馬

2015.6.9 14:18

【プレビュートーク】村瀬、ド迫力アラジンV3だ

春興S、モンゴル大統領賞を連勝中のサトノアラジン

春興S、モンゴル大統領賞を連勝中のサトノアラジン【拡大】

★エプソムC

  ◎でGI2週連続か。ようやった。

 村瀬 ◎って緊張しますよね。ボクの場合、“負けない”って確信が持てるまでかなり時間がかかるから、いつも締め切りギリギリの判断。安田記念はモーリスさまさまです。単勝は3・7倍。オッズ的にド本命ってわけじゃないし、余計に緊張しました。

  せやろな。ま、これでGI戦線もひと区切り。今週は東西でGIIIや。東京にはええメンバーがそろったやんけ。追い切り前の時点では◎エイシンヒカリやな。

 村瀬 逃げのディープインパクトですね。前走の前後半3Fのラップは何と35秒0-35秒0。まさに“時計仕掛けのヒカリ”。武豊Jとはピッタリですよね。

  坂口師は「前走の反動はない。雰囲気もいいし、本来はそんなに難しい馬じゃない」ってゆうとった。3走前の大逸走Vはもうないやろ。普通に回ってくれば押し切れるんちゃうか。

 村瀬 でも今回は掛かるアーデントに、行って復活したフェスティヴタローもいますからねえ。どれだけのラップを刻めるかがカギでしょう。

  相手の出方がどうこうゆう馬やない気もするけどな。

 村瀬 ボクは普通に◎サトノアラジンですね。先週の1面にも書きましたけど、「中山でラスト1F10秒台を刻める馬は東京ならもっと楽に末脚を繰り出せる」。この当然といえば当然の理論を信じた結果がドゥラメンテとモーリスの◎だったわけです。

  前走のモンゴル大統領賞は強かった。もともと重賞の1つや2つは獲っててええ馬やしな。

 村瀬 ホント、他の馬とは体高が違ってド迫力だし、直線に向いてのフットワークも全然違った。もう本物でしょう。

  ワシも週末に◎に格上げするかもしれへん。で、3番手がフルーキー。陣営の感触の“行間”を読むと、マイルも走れるけど9Fがベストゆう感じなんや。安田記念からのスライドはええほうに出るはずやで。

 村瀬 ボクも好きな馬なんだけどなあ。スローの上がり勝負だと切れ負けするんですよね。そういう意味でエイシンヒカリがいるのはありがたいかもしれない。

  次にディサイファやろな。前走は馬群を割っていつの間にか抜け出してきた。去年のこのレースも完勝やったけど、左回りのこれくらいの距離では崩れへん。

 村瀬 あとは高速トラックに耐えられるかどうかでしょう。雨が降ったら主役級ですね。

  穴ならサンレイレーザー。クラレントの安田3着を見て、田辺Jはホンマ怖いと思った。サンレイも毎日王冠でコンビ組んで2着と穴を開けよったし、注目やろな。

(夕刊フジ)

★エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

村瀬信之(むらせ・のぶゆき) 東京・夕刊フジ本紙予想担当 

前走

本命

馬連

プロフィル

1973年生まれ、東京都出身、A型。青山学院大卒。広告代理店勤務のあと、この世界に飛び込む。2008年秋から東京・本紙予想担当。休日はサッカー&フットサル三昧。

予想スタイル

とにかく全レースをくまなくチェック。時計にとらわれずレベルの高いレースを探し出し、上位馬の次走を徹底的に狙い撃つ。本紙担当として常にパーフェクト予想を目指す。