中央競馬:ニュース中央競馬

2015.6.8 05:06

【安田記念】戸川代表、涙…西武育成の長男も「感激」

戸川牧場の戸川洋二代表(左)と息子で西武ライオンズの戸川大輔

戸川牧場の戸川洋二代表(左)と息子で西武ライオンズの戸川大輔【拡大】

 第65回安田記念(7日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億円=出走17頭)モーリスの生産者、戸川牧場(北海道日高町)にとって、GI制覇は1960年の創業以来初めて。戸川洋二代表(45)は目を潤ませた。「馬格があって丈夫だったから将来、必ず走ってくれるとみていましたが、まさかここまでは…」。洋二さんが同牧場の婿養子に入ったのは20年前。それまでは、モーリスの4代母メジロボサツ(重賞3勝)や祖母メジロモントレー(重賞4勝)が育ったメジロ牧場で調教役として働いていた。「この血筋を引いている子でGIを勝てたことが本当にうれしい」。

 表彰式には今年、プロ野球西武に育成ドラフト1位で入団した長男、大輔外野手(19)=北海高=の姿も。埼玉・所沢での練習後に駆けつけた。「中3のころ、モーリスにはよく触っていました。東京競馬場にGIで来たのは初めて。勝てて感激です」と頬を紅潮させた。

 モーリスは同牧場が上場した2012年の北海道サマーセールで150万円(税別)で落札された。1年後、北海道トレーニングセールで1000万円(同)で競り落とした吉田和美オーナー(吉田勝己ノーザンファーム代表の夫人)は、「強さを信じていました」と喜びにひたった。

★7日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら