中央競馬:ニュース中央競馬

2015.5.20 11:44

【オークス】桜組撃破へミッキークイーン余力十分

ミッキークイーンは輸送を考慮に入れたソフト仕上げ。1週前にはビシッと追われており、態勢は整っている

ミッキークイーンは輸送を考慮に入れたソフト仕上げ。1週前にはビシッと追われており、態勢は整っている【拡大】

 忘れな草賞を快勝。除外された桜花賞のうっぷんを芝2000メートルで晴らしたミッキークイーンが、樫の女王の座をしっかりと見据えた。

 午前6時の開門時はすっぽりとモヤ。白いベールに包まれた栗東CWコースで5Fから行き、直線に向いても余力十分。かすかに見えたラスト1Fで、鞍上から軽く気合が入った。

 「抜け出してソラを使ったりするところがあるので、少し押っつけたんでしょう。状態はものすごくいい。追い切りに関しては何の問題もありません」と、担当している斉藤助手。

 1週前に浜中騎手を背にビシッと追われ、直前はソフト。輸送や馬体を考慮してのものだが、その気になる馬体重は前走から大幅に増えてはいないものの、減ってもいない。

 「ちゃんとカイバは食べている。2走前の東京のクイーンC(2着)でも、(20キロ)馬体を減らしながら力のあるところを見せてくれているからね」と同助手。2度目の東京をことさら心配してはいない。

 コンビを組む浜中騎手も前向き。「折り合いがついて瞬発力もある。オークス向きと思うし、うまくここまでキャリアを積んできた。デビューから乗ってきたこの馬でGIを勝てたらいい」と野心をムキ出しにする。間違いなく、桜花賞組の強敵になるはずだ。(夕刊フジ)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら