中央競馬:ニュース中央競馬

2015.5.17 15:38

【栗東S】休養明けのエイシンゴージャスが快勝

栗東Sはエイシンゴージャスが道中2番手追走から直線で先頭に立ち押し切り勝ち。休み明けを感じさせない完勝だった

栗東Sはエイシンゴージャスが道中2番手追走から直線で先頭に立ち押し切り勝ち。休み明けを感じさせない完勝だった【拡大】

 17日の京都11R栗東ステークス(4歳上オープン、ダート1400メートル)は、幸英明騎手騎乗の3番人気エイシンゴージャス(牝4歳、栗東・大久保龍志厩舎)が2番手追走から抜け出してV。オープン初勝利をマークした。タイムは1分22秒6(稍重)。

 内からエイシンゴージャスが行く気を見せるが、外からじわっとスピードに乗ったカーティスバローズがこれを制して先行。3番手にはオールブラックスとメイショウオセアンが併走して、人気のニシケンモノノフもその直後を追走した。直線に向くとエイシンゴージャスがスムーズに抜け出してリードを広げる。好位のインからオールブラックスもしぶとく伸びるが、エイシンゴージャスの脚いろは全く鈍ることなく、そのまま押し切ってV。5カ月ぶりの実戦を克服して、オープン初勝利を飾った。1馬身1/4差の2着は6番人気のオールブラックス。さらに1馬身1/4差の3着には5番人気のジョヴァンニが入っている。

 エイシンゴージャスは、父Exchange Rate、母Hot Storm、母の父Stormy Atlanticという血統。通算成績は8戦5勝となった。

 4度目の栗東S勝ちとなった幸騎手は「強かったですね。もともと走る馬だと思っていましたし、調教でもまたがって時計も出ていましたから。思い通りの競馬ができましたし、トモにまだ緩さが残っていて伸びしろもありそうですから、これからが楽しみです」とさらなる飛躍を見込んでいた。

★17日京都11R「栗東ステークス」の着順&払戻金はこちら