中央競馬:ニュース中央競馬

2015.5.4 18:42

ブライトエンブレムが裂蹄でダービーを断念

 皐月賞4着で日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて調整されていたブライトエンブレム(美浦・小島茂之厩舎、牡3歳)が、右前脚に裂蹄を発症したため、ダービー参戦を断念することになった。4日に同馬が所属するシルクホースクラブのホームページで発表されている。

 皐月賞の後、福島県のノーザンファーム天栄で調整されていたが、乗り込みを進めていくうちに右前脚の蹄から出血。このまま無理をすると秋の復帰も難しくなるという診断が出たことから、関係者が協議した結果、ダービー出走を断念することになった。

 ◆小島茂之調教師「(裂蹄は)右前脚の内側です。もともと気を付けていた部分で、皐月賞までは何ともありませんでしたが、皐月賞のあとに線が出たのでケアしていました。裂蹄バンドをしていたのですが、うっすらと血が出てきたので。ダービーだけを目指すわけではなく、先のことも考えると(裂蹄が)癖になってはいけないので、残念ですが回避することにしました。今後は北海道に移動して、秋に備えます」