【みんなの反省会】ゴールドシップのための天皇賞

2015.5.3 18:19

デスク 天皇賞は今年も3連単20万円を超える配当になったわけだが、勝ったのは実績最上位のゴールドシップだったな。本当につかみどころのない馬といえばそれまでだが、改めてこの馬の強さを見た思いがするよ。目の前で見ていた関西競馬エイトの西尾学TMに感想を聞いてみようか

関西エイト西尾 ゴールドシップの独壇場でしたね。まさにゴールドシップのための天皇賞でした

デスク 本当だよな

西尾 ゲート入りに手間取って、道中は外からまくり上げて、ゴール前も手に汗握るレースになって

デスク ファンの視線を一身に集めていたね。序盤は最後方だったもんな

西尾 スタートからジョッキーは押していましたが、行けなくて最後方から。スタンド前で少し外に出して前に行く構えをみせて、向こう正面で流れが落ち着きかけたところで押し上げていきましたね。4コーナーでは前を射程圏に入れる位置まで進出していました

デスク あれだけ外を回って追い上げたのに、直線はそこからまた伸びた

西尾 先に抜け出したカレンミロティックをきっちりとらえました。まさに、走るときのゴールドシップでしたね

デスク その“走るとき”がなかなか分からないけれど、きょうの勝因はどこにあったんだろうか

西尾 ジョッキーの馬に対する信頼が挙げられると思います。思った通りに乗れて、それに馬も応えたように感じました。距離を考えたらかなり長く脚を使っているのに、ゴールでは力でねじ伏せる形だったし、レース後もジョッキーはすごく喜んでいるように見えましたね

デスク ああいう競馬ができる人、ああいう喜び方ができる人はなかなかいないからね

西尾 レースとしても、動きがあって面白いものになったと思います

デスク 同感だ。では、関東競馬エイトの“血統博士”西野大助記者にも感想をうかがおう。ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒が馬券圏内を独占。本命だった2着フェイムゲームの話はのちほど聞くとして、まずは4番手評価だったゴールドシップについて聞きたいな

関東エイト西野 デキと鞍上に尽きるでしょうね

デスク デキは良さそうに見えたか

西野 追い切りをVTRで見ただけですが、機嫌がいいように見えました。あれを見て、押さえではなくて逆転まである印に格上げしたんです

デスク 4番手評価(エイト紙面の二重△)だったもんな

西野 あとはペースですね。中だるみにならず、スタミナが問われる結果になりました

デスク 確かに、道中のラップは12秒8というのが2回あるけど、それ以外はけっこう流れていたんだね

西野 ゲート入りはともかく、ゴールドシップにとっては全てうまくいったのではないでしょうか

デスク 2着のフェイムゲームに本命を打ったのはお見事だったね

西野 単勝を持っていたので、最後は“かわせよ!”と思っていましたけど(苦笑)。ただ、この馬に関しては陣営の戦略がよかったと思います

デスク というと?

西野 このところずっと、完全に長距離戦に照準を定めて使われて、それ以外は極端にいえば“捨てレース”。騎手も替えずにずっと狙いを絞っていましたからね

デスク 3歳春のフジテレビ賞スプリングS(4着)から、ずっと北村宏司騎手とのコンビなんだな

西野 早めに手が動く形でしたが、あれがステイヤーの走りですし、ジョッキーも馬を分かっていますから。北村宏騎手らしく前半から外に壁を作ってうまくレースを運んでいました

デスク 外枠で上位に来たのはこの馬だけだもんな。西尾TMの見解は?

西尾 おっしゃる通り、外枠の割に外、外を回されることなく折り合いもついていました。最後はバテ合いみたいな競馬になって、クビ差まで詰め寄りましたし、長丁場では安定して力を出せますね

デスク 3着はカレンミロティック。好位追走から先頭に立って、一瞬はこの馬が勝つかというシーンもあったね

西尾 枠を生かして前につけて、文句なしにうまく乗った競馬だったと思います。宝塚記念2着や香港でも大崩れしていないわりに人気がなかったですね。3200メートルは決して適性距離ではないと思いますし、見せ場十分でした

西野 本当ですね。宝塚記念2着は伊達じゃありません。この馬もハーツクライ産駒ですが、この時期がいいのもあるでしょう。ゴールドシップが走るときにこの馬も走る、という面もありそうです

デスク なるほど。ゴールドシップが来る展開がこの馬にも向くということか。覚えておこう。さて、問題は7着に敗れたキズナだ。正直、あまり見せ場のない負け方で落胆してしまったんだが、敗因はどこにあると思う?

西尾 一瞬は伸びかけたのですが、その後は脚いろが同じになってしまいました。この馬のスタイルで競馬はしていたし、あの一瞬のすごい加速が続かないところをみると、僕は距離なのかなと思います。宝塚記念では見限れないと思いますよ

西野 私も、うまく乗っていたと思います。ただ、敗因としては距離もあるかもしれませんが、どちらかというとメンタルの問題かな…と。一度骨折していますから、どこか全力で走ることに躊躇しているのでは?と感じました

デスク ふむ。そうなると次走で真価が問われるということになるかな。あと、連勝中だったアドマイヤデウスについても聞きたい。15着という惨敗だったけど…

西尾 大外枠から何とかロスなく運ぼうとしていましたが、少しペースが緩んだところで力んでしまいました。あれでリズムが崩れてしまって…。やはり大外枠は乗りづらかっただろうと思います。あと、今回の4歳馬は58キロが初めてだったし、そういう点でキャリアのある年長馬に強みがあったのかなと

西野 かわいそうな競馬でしたね。それでも岩田康誠騎手は何もせず我慢するのではなく、何かしようという攻めの姿勢がありました。さすがだと思うし、あれは責められません。斤量の問題は私も感じます

デスク 確かに、デウスの重賞2連勝は55キロ、56キロなんだな。勝ち方が鮮やかだったけど、長丁場の斤量増については重要なファクターとして覚えておこう。とはいえ、6週連続のGIシリーズはまだ始まったばかりだ。次週からは東京で5週連続のGIレース。2人ともまた鋭い予想を頼むよ!

閉じる