中央競馬:ニュース中央競馬

2015.5.2 15:45

【天王山S】3番人気のサウンドガガが快勝

先行策から抜け出して快勝したサウンドガガ(左)

先行策から抜け出して快勝したサウンドガガ(左)【拡大】

 2日の京都11R天王山ステークス(4歳上オープン、ダート1200メートル)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気サウンドガガ(牝6歳、栗東・佐藤正雄厩舎)が先行策から抜け出して快勝した。タイムは1分10秒7(良)。

 好スタートを切ったサウンドガガの内からサマリーズが気合をつけて先行。サウンドガガは外に併走する形で、その外からサクラレグナム、ナンチンノンなども前々につける。1番人気のアメージングタクトはスタートでやや遅れ気味になり、中団のインからレースを進めた。逃げ馬のすぐ外につけたサウンドガガが手応え良く直線で抜け出すと、サクラレグナムが食い下がる。なかなか行き場が見つからなかったメイショウノーベルもインからスペースを突いて迫るが、早めに抜けたサウンドガガが後続の追撃を振り切ってV。昨年7月の交流重賞スパーキングレディーC以来となる勝ち星を挙げた。1/2馬身差の2着は4番人気のメイショウノーベル。さらに3/4馬身差の3着には8番人気のサクラレグナムが入っている。

 サウンドガガは、父Roman Ruler、母Whistle Call、母の父Phone Trickという血統。通算成績は24戦8勝(うち地方2戦1勝)となった。

 初コンビでVに導いた福永騎手は「スタートも良かったし、完勝でしたね。これだけスタートが速いし、1200メートルも合っているんでしょう。今の馬場は時計も速いので、無理に抑えず行きましたが、最後まで頑張ってくれました」と会心の内容を高く評価していた。

★2日京都11R「天王山ステークス」の着順&払戻金はこちら