【アザレア賞】良血レーヴミストラルが2連勝!

2015.4.4 14:35

 4日の阪神9Rアザレア賞(3歳500万下、芝2400メートル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気レーヴミストラル(牡、栗東・松田博資厩舎)が最後方からの追い込み勝ちを決めて2連勝。オープン入りを果たした。タイムは2分29秒2(良)。

 シゲルヤブサメがじわっと先手を取ると、徐々に後続を引き離して大逃げを打つ。離れた2番手にミコラソンがつけて、サンライズセンス、オールマンリバー、ヴァーサトルなどが追走。人気のレーヴミストラルは最後方でじっくりと待機した。シゲルヤブサメはマイぺースで運んだが、4コーナーでは後続も一気に接近。直線に向くと、サンライズセンスが早めにかわして抜け出しを図る。しかし、4コーナーまでに差を詰めていたレーヴミストラルが外に持ち出すと力強い末脚を披露。食い下がるサンライズセンスを退けて、前走の未勝利戦に続く2連勝を飾った。1馬身差の2着は4番人気のサンライズセンス。2着から3馬身1/2差の3着には6番人気のミコラソンが入っている。

 レーヴミストラルは、父キングカメハメハ、母レーヴドスカー、母の父Highest Honorという血統。通算成績は4戦2勝となった。

 岩田騎手は「休む前よりも馬がしっかりしていましたし、確実に脚を使えますからね。次に向けてどういう競馬でもできるように考えて乗りました。まだまだ良くなると思うので、期待しています」とクラブでの募集価格が1億円という良血馬の走りに手応え十分の表情だった。

★4日阪神9R「アザレア賞」の着順&払戻金はこちら

閉じる