中央競馬:ニュース中央競馬

2015.3.16 05:01

【中山牝馬S】レースを終えて…関係者談話

 ◆武士沢騎手(ケイティバローズ4着) 「最後は伸びあぐねたが頑張っている」

 ◆柴田善騎手(グレイスフラワー6着) 「最後はしっかりと伸びていたし、休み明けとしてはいい競馬ができた」

 ◆石橋騎手(エバーブロッサム7着) 「だいぶいい頃の活気が戻って、よくなってきた」

 ◆丸田騎手(オメガハートロック8着) 「中団でゆったりといい感じで走れた。差のない競馬だし、復調気配を感じる」

 ◆柴田大騎手(マイネグレヴィル9着) 「自分の競馬はできたが、本当は雨が降って馬場が渋ってほしかった」

 ◆藤岡佑騎手(ブランネージュ10着) 「気性が前向きなので、速い流れにそのまま乗ってしまった。そのぶん、最後は余力がなかった」

 ◆石川騎手(ミナレット11着) 「直線の坂上まで頑張っていたが、展開が厳しかった」

 ◆伊藤騎手(ウイングドウィール12着) 「ペースが速くて、脚がたまらなかった」

 ◆藤懸騎手(フレイムコード13着) 「結果的にもう1列後ろで競馬したかった」