【Dr.コパ独占手記】BCクラシックに挑戦したい

2015.2.23 05:08

 オーナーで、サンケイスポーツのコラム「やさしい競馬開運学」(毎週土曜)でおなじみのDr.コパこと小林祥晃(さちあき)氏(67)は、独占手記を寄せた。

 やりましたっ! コパノリッキーが史上初めてフェブラリーSを連覇。たくさんの方に応援していただいたおかげだと思います。本当にありがとうございました。

 コーリンベリーが逃げて、リッキーは2番手というのが理想だと思っていましたから、あの馬の出遅れにはヒヤッとしました。でもユタカ君(武豊騎手)は落ち着いていましたね。外から来られても2番手の外めでレースしてくれて、さすがだなあと思いました。こういう思ってもいないことが起こるから、フェブラリーSを2度勝つことが難しいんだと実感しましたね。

 でも、まだリッキーの挑戦は終わったわけではありません。なんとか最優秀ダートホースにしてあげたいですから。それにはホッコータルマエという大きな山があります。

 それにしても、ユタカ君がGIを勝つと競馬が盛り上がります。今回のリッキーへの声援で改めてそう思いました。ユタカ君にはコパノリチャードで今度は高松宮記念を連覇してもらわないといけませんから、そちらも応援してください。

 今回は黒帽の〔2〕枠。僕は黒い服をあまり持っていないんですよ。それでラッキーカラーが黄色と緑なので、合わせて黄緑色のマフラーをして、黒いベストを着て応援しました。風水は勝負事に強い学問。それが証明できてよかったですよ。

 リッキーの次走は船橋のかしわ記念。5月5日は僕の誕生日なので、今度は誕生祝いをもらいたいですね。「ドバイには行かないの?」と、よく聞かれるけど、リッキーは暑さに弱いので考えていません。来年、米国のブリーダーズCクラシックに挑戦したいな、とは思っていますけど。

 これからもコパノリッキーは頑張ってくれると思いますし、それにはみなさんの応援が力になります。ぜひ応援してあげてください。 (馬主)

小林 祥晃(こばやし・さちあき)

 1947(昭和22)年5月5日生まれ、67歳。東京都出身。「Dr.コパ」として知られる。日大理工学部建築学科卒。神職(島根県の石見国一宮物部神社)。愛知工大客員教授。一級建築士として設計事務所を主宰する一方、風水の第一人者としてブームを作る。主な所有馬はコパノリッキーのほか、2009、12年のNAR(地方競馬全国協会)年度代表馬ラブミーチャン(引退)、コパノリチャード(14年GI高松宮記念優勝)。

閉じる