中央競馬:ニュース中央競馬

2015.2.16 05:03

【共同通信杯】レースを終えて…関係者談話

 ◆ベリー騎手(ミュゼエイリアン4着) 「最後は瞬発力勝負で負けてしまったが、まだ伸びる余地を残しているし、すごくいい馬だ」

 ◆内田騎手(ソールインパクト6着) 「ゲートをうまく出られなくて終始、後手に回ってしまった」

 ◆田辺騎手(ティルナノーグ7着) 「ゲートの中が落ち着かない感じ。もっとどっしりと構えられるようになって、流れに乗れれば違うと思う。まだ緩さは残っているが能力はある」

 ◆柴田大騎手(コスモナインボール8着) 「前々で競馬をするほうが良さそう。一生懸命走っているし、左回りのほうがいい」

 ◆浜中騎手(ショウボート9着) 「ゲート入りでごねてイライラしていた。道中も前に壁を作れるまではエキサイトしていた」

 ◆柴山騎手(マイネルサクセサー10着) 「久々のぶん、追走に苦労していた。使ってよくなれば」

 ◆石川騎手(シゲルケンカヤマ11着) 「切れ味勝負ではどうかと思い、スタートが良かったのでハナへ。道中はリズムよく走れていた」

 ◆橋口師(ダノンメジャー12着) 「手前を替えたときにガクンとなって無理をしなかったようだ。横山典騎手が、早めに判断してくれたので、大事には至らないと思う」