中央競馬:ニュース中央競馬

2015.2.8 15:59

【東京新聞杯】ヴァンセンヌ4連勝で重賞初制覇!(2/3ページ)

4連勝で重賞初制覇を果たしたヴァンセンヌ。遅れてきた素質馬が重賞ウイナーの仲間入りを果たした

4連勝で重賞初制覇を果たしたヴァンセンヌ。遅れてきた素質馬が重賞ウイナーの仲間入りを果たした【拡大】

 破竹の勢いで、重賞の壁も一気に突破した。連勝街道を突き進むヴァンセンヌが、歴戦の実績馬を相手に堂々のV。遅れてきた素質馬が重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 レースは典型的な逃げ馬が不在で、フレイムヘイローが押し出されるように先行したが、その内からアンコイルドが意を決したように先手を取る。フレイムヘイローは2番手に控え、マイネルメリエンダが3番手を追走。好位にメイショウヤタロウ、リルダヴァルがつけて、人気を分け合ったフルーキー、エキストラエンドはともに後方からレースを進めた。流れは遅く、一団となったまま直線へ。横に広がって、直線半ばを過ぎても全く勝敗の行方が分からない大混戦。その中から抜けたのはヴァンセンヌだったが、ゴール間際で外からアルフレード、最内からフルーキーが鋭く迫る。しかし、先に抜けたヴァンセンヌがわずかにしのぎ切って先着。クビ差で重賞初Vを成し遂げた。ディープインパクト産駒は今年の重賞初勝利。2着は9番人気のアルフレードで、さらにクビ差の3着に1番人気のフルーキーが入っている。

 ヴァンセンヌは、父ディープインパクト、母フラワーパーク、母の父ニホンピロウイナーという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)社台レースホースの所有馬。通算成績は11戦6勝。重賞初勝利。松永幹夫調教師、福永祐一騎手ともに東京新聞杯は初勝利。

【続きを読む】